後方羊蹄山と朝日温泉(しりべし、蝦夷富士、北海道)

日本百名山 後方羊蹄山、1898m 北海道


2007年10月12日(風強く山頂は笠が重い)
後方羊蹄山、しりべし(深田久弥さん日本百名山・国土地理院地図による)と読むと急に愛着が湧くものです。ニセコ連峰を見守り、ぐんぐんと高度を上げ雲の中に頭を隠す蝦夷富士。重い雲、山頂の強風を思い躊躇もしましたが、雲間のまぶしい青空を期待し出発、登頂3時間20分、下山は晴れ待ちで3時間40分。


ルート、真狩コース
羊蹄山自然公園登山口→避難小屋分岐→御鉢(火口壁)分岐、左回りを選択→ヒラフ下山路・火口内路分岐→火口対岸分岐→後方羊蹄山→往路下山


※注意箇所
*羊蹄山自然公園から行く時、御鉢は時計回りが3つの火口を楽しめ、コースも安易そう。山頂から先の御鉢は険しい岩場、ルートも不明瞭。
*標高差1400以上、コースタイムは余裕を見てください。
*熊はいないそうです。

朝日温泉営業再開の情報はKAKUKAKU様に頂きました、ありがとうございます。
羊蹄山自然公園、8時半頃出発

  • 紅葉の登山道

  • 9合目小屋分岐

  • 御鉢分岐、時計回り、左へ。


  • ヒラフ分岐 右は分岐を火口間の登山路(ESE)へ

  • 対岸分岐、雪を落とすと山頂へと書いてありました。

  • 山頂前

  • 後方羊蹄山(しりべし)

  • 御鉢周りを試みるが、ガス・ルート不明瞭・急峻な岩場で断念、往路下山。

  • 一瞬青空がのぞき、初めて小・中火口が見える。

  • 昼食&晴れ待ち20分、再び火口現る。

  • さらに大火口も。

  • 右回りの火口壁

  • 中央に避難小屋

  • コクワを少し頂き下山。

    しりべしやまを後にし、今日の満足感を大切に、
    羊蹄山の後ならこの湯と決めていた朝日温泉へ。
    (車で約1H)

  • 夕暮れの露天風呂は想像以上に大変満足のいくものでした。

  • 翌日、朝日温泉露天風呂

ページTOP

日本百名山と山岳温泉

山の温泉ガイド 温泉と秘湯の宿情報は山の温泉ガイドをご覧ください。
雷電朝日温泉 朝日温泉
© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.