ウペペサンケ山とユーヤンベツ川の野湯

北海道の百名山、ウペペサンケ山 本峰 1848m


2003年7月13日(ガス・小雨)
明日午後から晴れると言う天気予報を信じひとり東登山口泊。東登山口も西登山口も標高約1000m、東のほうが短い分きついそうですがそれほどでもありませんでした。稜線美が楽しめ東のほうがお勧めの感じでした。結局、谷ひとつ隔てたニペソツは顔を出すことも無く下山。

※かんの温泉泊の方、登山口まで送迎もできるそうです。

デジカメ不慣れでピンボケ多数、m(_ _)m

ルート

東登山口、7:30→滝、8:30→稜線、9:30→ウペペサンケ東ピーク、10:00→ウペペサンケ本峰、10:30→ウペペサンケ西ピーク10:50→往路下山。

コースタイムはおよそです。天気待ちもありゆっくり登りました。

※注意箇所

屏風のような細尾根が連なります。強風時注意。
熊の気配は無かったですが・・・、もちろん鈴。


  • 冬のウペペサンケ、かんの温泉下から。

  • 然別峡ダムから2Km上流を左に、約4Kmで登山口、右手に道標。
    この先50mほどで川に突き当たり終点になります。

  • 約1時間ほどで滝下に出ます、左へ。

  • 野バラ

  • 稜線、糠平からの分岐点。

  • 万里の長城のような細尾根。右手にニペソツが見えるはずが・・・。

  • 珍しい場所に生えるコマクサ。

  • 東ピーク、でもウペペサンケ山と書いてあるのでここまでで下山する人多数。

  • 本峰 1848m

  • 西ピーク、でもウペペサンケ山と書いてあるのでここまでで下山する人多数。

  • 雪渓が解けた斜面はお花畑が楽しめました。

    1時間以上天気待ち後下山。

  • まずは旭川の有志に挨拶をしユーヤンベツ川の野湯、
    メノコの湯とペニチカの湯(背後)に浸かり、

  • 後はゆっくり、かんの温泉の七福の湯を楽しむ。
    写真は岩の湯、底から湯が湧く名湯です。大人1000円。

ページTOP


日本百名山と山岳温泉

山の温泉ガイド 温泉と秘湯の宿情報は山の温泉ガイドをご覧ください。
 かんの温泉 菅野温泉旅館
© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.