トムラウシ山と東大雪地獄谷温泉

日本百名山 トムラウシ山2141m 北海道


2003年7月5日 トムラウシ山、6日東大雪地獄谷温泉(晴)
トムラウシ川に東大雪地獄谷温泉という野湯があるらしく、地図を見ると確かに温泉マークがある。林道終点から約4Kmの遡行を強いられるいかにも熊の出そうなところだ。一方トムラウシ山も名前からして熊の出そうなアプローチの長い山である。できれば避けて通りたいセットではあはありましたが、でかいカウベルといざと言う時の為アイスバイル片手に、ホォーホォー叫びながら行ってきました。
 トムラウシから東大雪地獄谷温泉に下りる登山道はもちろん無く、下山し翌日アドベンチャーしてきました。

ルート

1日目、トムラウシ山:
展望台登山口、10:50(異常に遅すぎ!)→大雪荘への分岐、11:06→カムイ天上、11:50→カムイサンケナイ川を約1440m地点まで遡行(取り付き)、12:32→雪渓上(昼食その1)、12:52→前トム平、13:30→アップダウン→中庭上(デポ地点)、14:20→中庭→トムラウシ山頂、14:52、下山15:11→中庭上デポ地点,16:00→雪渓上(昼食その2)、16:43→雪渓下、16:50→川遡行終点、17:30→カムイ天上、17:43→分岐→登山口、18:17→某地点泊

2日目、東大雪地獄谷温泉:
林道終点、11:15(遅すぎ!)→沢の合流地点、13:45→東大雪地獄谷温泉、13:50到着、14:50出発→林道終点P、16:40


※注意箇所

トムラウシ山:
トムラウシ日帰りの場合通常出発は4時から遅くとも6時、グループ行動の場合往復12時間。
カウベルなど熊対策。

東大雪地獄谷温泉:
登山道はもちろん無く、遡行・渡渉と獣道、右岸がダメなら左岸と言う感じですが、行ける保証はありません、また熊の生息地です、ここは止めましょう。
熊対策、地図・コンパス・時計・必須、往復8時間。

    1日目、トムラウシ山:

  • 展望台駐車場(きれいなトイレあり)

  • 大雪荘への分岐。下山時直進しないよう注意!

  • カムイ天上からトムラウシ山

  • ここが取り付きかと思いきや、まだまだ延々遡行。

  • 遡行終点の人だかり(下山の)、右手の雪渓は約180m、ややきつい登り。

  • 前トム平下から、ツリガネ山、肩からのぞくオプタテシケ

  • 前トム平からトムラウシ

  • デポ地点からトムラウシ。

  • いよいよ取り付き。

  • キバナシャクナゲ、チングルマ、コマクサなどが凄いきれいでした。



  • 前トム平やトムラウシ西側の登山道にコマクサ群落。


  • テン場は水も豊富、この日は2・3張り。

  • 十勝連峰

  • トムラウシ山、頂上直下。

  • トムラウシ山頂、2141m

  • 大雪山

  • 十勝連峰と右手に広がる黄金原。

  • 中庭の湿原を流れる清流。

  • 中庭

  • 中庭のハクサンコザクラ


    2日目、東大雪地獄谷温泉:

  • 林道終点、先客釣り人が1台。

  • トムラウシ川遡行開始。

  • 約2時間の遡行で対岸に硫黄泉の滲み出し発見、まさかこれが?

  • 対岸に小さな湯だまりらしき、まさかこれが?

  • 右岸にに硫黄鉱泉の湧き出し発見、でも冷たい、まさかこれが?

  • 右岸に沢の合流、直進。

  • 上流に湯煙発見!

  • 沢水を引き込み入湯!熱湯注意、湯は薄い泥湯。

  • お釜とトムラウシ山

  • トムラウシ、絶景!


    入湯後次第に熊の影におびえ、蕨を一束採り、釣をした後(釣果0)、早々に退却しました。


  • 遭ったのはヘビだけでよかった、無事下山。

  • 夕刻、車を飛ばし、ヌンプトムラウシ温泉も楽しみました。
    こちらもすごい湯、よく冷めた高温泉が疲れた体に気持ちよく独り楽しみました。
    後方は地球の鼓動のように沸き立つ源泉。

ページTOP


日本百名山と山岳温泉

山の温泉ガイド 温泉と秘湯の宿情報は山の温泉ガイドをご覧ください。
 わりと近いかんの温泉 菅野温泉旅館
© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.