斜里岳と川北温泉・薫別温泉

日本百名山 斜里岳、1547m 北海道


2004年10月11日(雨、山頂付近は突風)
渡渉を繰り返し延々長い滝コースを進む、展望滝上部に顔を出すと突然の強風にメガネを飛ばされ滝壷へ。以降メガネなしで突風の斜里岳登頂。祠のある尾根はジェットエンジンに飛ばされるような強風でした。川北温泉15:20、宵闇の中、はたして薫別温泉は見つかるのか。

※そんなに急いでいませんが、コースタイムはもっと余裕を見てください。

ルート

清岳荘→旧道清里コース(滝ルート)→下二股(新道分岐)→七重の滝→展望滝→上二股(新道合流)→胸突き八丁→馬ノ瀬→ハイマツ尾根(防風帯)→白い祠の尾根→知床、斜里岳→竜神ノ池→熊見峠(新道)→下山


※注意箇所
展望滝上、馬ノ瀬、山頂の強風。
水場なし。
旧道は滑りやすい川床の連続です。下りは新道へ。


  • 7:57、清岳荘、清里コース登山口。

    清岳荘は本年で移転しこの駐車場も閉鎖、ゲートが設置されます。H17年からは鉄筋新館が数百m手前にオープンします。現在より15分ほど余計に歩くことになるそうです。

  • 一の沢川沿いに渡渉の連続。

  • 下二股、右新道

  • 旧道の水場

  • 狭いバンドを抜け、

  • 羽衣の滝

  • 七重の滝

  • 右手、川床は滑りやすく注意

  • 展望滝、この上でメガネを飛ばされ滝壷に落ちました。
    写真の枝で底を何度も漁りましたが見つからず、
    明日の羅臼岳-硫黄山縦走はどうなってしまうのか、羅臼編に続く。

  • 展望滝から



  • やっと上二股

  • 少し青空が



  • 10:24、馬ノ瀬


  • 一瞬見えた山頂、風止み待ち中に朝食、しかし止まず。

  • 斜里岳

  • 11:02、山頂。岩にしがみつき撮影、touch&GO!

  • 祠の尾根は右手からジェットエンジンのような強風です。

  • 竜神ノ池、湧水池
    新道ルートから数分、戻らなくても通り抜けができます。


  • 熊見峠ルート(新道)と峠

  • 下山13時頃

  • 麓から斜里岳

    斜里岳近くには越川温泉という地元優先の湯がありますが、

    今回はまず川北温泉へ、
    そして薫別温泉。

  • 川北温泉:
    青森湯の沢ほど濃くないが塩辛い硫化水素泉、白濁、着替え小屋男女別、浴槽一応男女別、仕切りは胸の高さ。源泉熱い。
    カウベルとヘッドランプをつけ、18時過ぎ薫別温泉発見しました。
    現在がけ崩れのため薫別温泉へは行かれませんとの掲示があり、
    更に通行止め地点から数百メートルの徒歩になります。
    ※熊対策も考えた上、自己責任で

  • 発見秘話はこちらで紹介しています。
    薫別温泉
    野湯、塩化物泉、湯船46℃ぐらい。対岸にも湯船あり、温い。
  • 後日、斜里岳遠望

ページTOP

日本百名山と山岳温泉

山の温泉ガイド 温泉と秘湯の宿情報は山の温泉ガイドをご覧ください。
 わりと近い、ウトロ温泉 岩尾別温泉

© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.