ニセコ目国内岳と新見温泉

北海道の百名山(山渓)、目国内岳1202.6m


2004年3月29日(晴れ、山頂強風)
夏期は新見峠747mから尾根伝いのコース、標高差約450mのゆったりした登山が楽しめるようですが、冬は新見温泉から標高差約700あり楽なコースではありません。もうすぐ4月というのに山頂はスキー板が飛ばされそうな強風、息をするのも苦しいほどで、寒く、北海道の冬山の厳しさを推して知るべし、痛感しました。

ルート

新見温泉本館奥のミズナラの木→林間→林道(冬期閉鎖中268)を北西へ、ヘアピンまで→奥ニセコ渓谷沿い北北西、前目国内岳方向→渓谷を越え、前目国内をトラバース西へ→山頂目視し尾根へ→にせピーク→山頂→スキー滑降


※注意箇所
北海道の冬山、厳しさ
ルート:渓谷をいつ渡るかがルート選択のポイントか。


  • 新見本館前登山口、ミズナラ大木奥に目国内岳

  • 前方の壁を登ると林道。
    先行の山スキーヤーは白樺岳・シャクナゲ岳へ

  • 林道

  • 林道をそれ林間コースへ、途中雪の渓谷渡る。
    この辺り、山スキーがないと時折つぼ足。

  • 左前方にピークを見て右に巻き徐々に高度を稼ぐ

  • 雪は重いが気持ちのよいダケカンバ林。

  • 目国内岳、緩斜面が続く

  • にせピークにてキッパリと「僕はここまで」

  • 遠景では乳首状の岩峰。

  • 強風のピークからニセコ連峰とその後方、後方羊蹄山

  • 山頂からニセコ連峰西端、雷電山 1211.7m、と思い写しましたが岩内岳のよう。

  • 中央右に新見温泉

  • これが粉雪ならと、少し残念。


  • 林間も広くゆったりとした斜面。

  • 林道に出たところ、この辺り林道はこれ一本なので迷うことはない、
    これを下る、宿が見えたら滑る。

  • 新見温泉

  • 新見本館露天風呂、マンガンの析出はここならでは。
    ※今回撮り忘れ、1月の写真です。

ページTOP


日本百名山と山岳温泉

山の温泉ガイド 温泉と秘湯の宿情報は山の温泉ガイドをご覧ください。
  新見温泉 新見本館
© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.