白馬鑓温泉


1999年9月17日(曇り)
12時ちょい過ぎ八方尾根。「ここからならかねてより憧れだった鑓温泉は近い、しかし片道4~5時間、今からでは無理だ。でもコースタイムの半分で行けば何とかいける・・・、よし行こう!」という訳で、12時半過ぎ猿倉を出発、しばらく林道を大雪渓方向、途中から左の枝道に入る、ここから1時間半以上ひたすらきつい登りが続きます(殆ど駆け足)。地図によると小日向山頂付近までの約3Kmと思います。この辺りでルート中間点、この先は北アルプスらしい景観の中、時折雲間から鑓ヶ岳が望めました。いくつかの沢を越え、温泉下からは約150m、最後の急登です。15時過ぎほぼいっぱいの状態で何とか到着。頭上の山が気になるものの、湯の縁からの大展望を楽しみ、湯船の中の石垣の間から湧く硫黄の温泉を堪能。16時頃下山、17時頃小日向山頂付近で今夜鑓温泉泊まりの登山者とすれ違う。お互い単独、すんごい急いでました。18時半近く猿倉着。完全にいっぱい、膝がガクガク、後遺症が出そうなぐらいでした。
ルート
猿倉-林道-左枝道入る-小日向山頂西-杓子沢-鑓温泉下-鑓温泉小屋-往路下山
※注意箇所
自衛隊員でもない限り半日日帰りは止めてください。
特に危険な箇所は無かったと記憶しています。
沢はありますが水場は無し。

  • 「鑓温泉」
    右手下がテン場

  • 「下山路で撮影、中央が鑓温泉」
    鑓温泉小屋は9月末までです。電話0261-72-2002

  • 「鑓ヶ岳」
    杓子沢辺り、鑓が雲間から僅かに顔を出す。

    日本百名山と山岳温泉

ページTOP

<
© 2001 MOUNTAIN TRAD ® Inc.